【HSPの分類まとめ】4つのタイプとその特徴を紹介します

HSPについて

【はじめに】そのタイプにも当てはまる4つの特徴~DOES~

HSPとは、Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)の略称で、人よりも繊細で、非常に感受性が強く敏感な気質を持って生まれた人という意味で、HSP(エイチ・エス・ピー)と呼ばれています。

HSPのセルフチェックで、HSPにあてはまるけど、「繊細なのに行動的」「繊細だけど人と関わるのが好き」と、単純にHSPではない気もする、と感じた方もいるかと思います。
実はHSPは、さらに4つのタイプに分類されるのです。

その前に、HSPのセルフチェックがまだという方はこちらの記事でセルフチェックをしてみてくださいね。

HSPは4つのタイプに分類されるとお伝えしましたが、下記の4項目は、全てのHSPに当てはまると言われています。

D 「深く考えをめぐらせ情報を処理する(Depth of processing)」
O 「過剰な刺激を受けてしまう(Overstimulation)」
E 「感情が動きやすく共感しやすい(Emotional response and empathy)」
S 「ささいな刺激を察知する(Sensitivity to subtleties)」

この「DOES」にあてはまっていることを前提に、HSPはさらに分類されます。

内向型HSP

まずは「内向型HSP」。こちらのタイプはHSPの中でも基本となるでもので、HSPの約70%がこの内向型HSPです。


特徴としては、下記のようなものが例として挙げられます。

  • 衝動的ではなく、物事を深くじっくり考えてから行動する。
  • 安全を何度も確かめて、絶対大丈夫だと思ってから行動する。
  • 1人の時間で、体力やエネルギーを回復する。
  • 人に気を遣ったり、顔色をうかがうことが多い。
  • 社交的ではなく、1人でいるのが好き。
  • 共感力が高く、人の痛みや苦しみを自分のことのように感じて疲れる。
  • 静かな生活を好む。

外向型HSP(HSE)

続いてのタイプは、「外向型HSP(HSE)」。先ほどご紹介した内向型HSPとは対照的で、人と一緒に物事を取り組むのが心地よいと感じるのが外向型HSPです。しかし、人と関わった後にどっと疲れに襲われる、ということがあります。

特徴としては、下記になります。

  • 衝動的ではなく、物事を深くじっくり考えてから行動する。
  • 共感力が高く、困っている人がいると助けたい。
  • 人に好かれる。
  • 人から否定されるのが苦手。
  • 率先してリーダーにはならないが、人に任されることが多い。

刺激追求型な内向型HSP(HSS型HSP)

こちらのタイプのHSPは、内向的なHSPと、好奇心旺盛なのに飽きっぽく、活動的なのに疲れやすい刺激追求型のHSS型が合わさったタイプのHSS型HSPです。

特徴としては、下記の6つです。

  • 社交的ではないが、興味のある人とは、関わりたい。
  • 好奇心旺盛なのに、飽きっぽい。
  • いろいろな分野に興味を持ち、物事が続かない。
  • 考える前に行動してしまう。
  • やる気がある時と、ない時の差が激しい。
  • 安全が確認できれば、新しいことに挑戦できる。

刺激追求型・外向型HSP(HSS型HSE)

最後は、人と一緒に物事を取り組むのが心地よいと感じるHSEと、活動的なのに疲れやすい刺激追求型のHSS型が合わさったタイプのHSS型HSEです。 HSEのほとんどが、このHSS型HSEであるといわれています。
HSPは全人口の15~20%と言われており、このHSPのうち30%は外向的なタイプであるHSEと言われています。さらにHSEの中でも、刺激追求型・外向型HSPである、HSS型HSEの方が多いとされています。

特徴としては、下記の9つが挙げられています。

  • 好奇心旺盛で思い立ったらすぐに行動する。
  • 人との関わりを積極的に好む。
  • 人と一緒に物事を始められる。
  • 人に好かれ、頼りにされる。
  • 自ら進んでリーダーになる。
  • 危険だとわかっていても、突き進む。
  • ささいな事で深く考え込む。
  • HSS型HSPよりも熱しやすく、燃え尽きやすい。
  • HSS型HSPよりも疲れやすい。

【まとめ】

今回はHSPの中でもさらに4つのタイプの区分をご紹介しました。しかし、HSPはその人の気質であり、個性でもあるため、人によってさまざまな特徴があります。今回ご紹介したタイプにぴったりと当てはまらない方もいるかと思いますが、少しでも参考になれば嬉しいです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました