HSPは飲み会が苦手?乗り越え方をご紹介します!

HSPについて

HSPの方の中には、飲み会が苦手!という方も多くいるのではないでしょうか?しかし、HSPであるがゆえに、「みんなが行くから」と空気を読んでしまったり、「行かないと残念がられてしまうのでは」と気を遣って参加してしまうのです…。そんなHSPの方必見の「行きたくない飲み会の乗り越え方」をご紹介します。

【はじめに】HSPとは?

HSPとは、生まれつき「非常に感受性が強く敏感な気質もった人」という意味で、「Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」の頭文字をとって「HSP(エイチ・エス・ピー)」と呼ばれています。

HSPは環境や性格などの後天的なものではなく、先天的な気質生まれ持った性質です。
統計的には人口の約15%~20%で、5人に1人があてはまると言われています。それほど稀ではありませんが、裏を返せば、約8割の人はこの性質にはあてはまらないため、HSPの特性は共感を得ることが難しく、HSPでない人たちとの差に自己嫌悪を感じることや、まわりに合わせようと無理をして生きづらさを感じやすくなる性質であると言えます。

HSPの方は、相手の気持ちを汲み取り、相手に合わせる優しい方が多い傾向にあります。そのため、上司に誘われた飲み会や、クラスのみんなが行くと言っている飲み会など、自分の気持ちより場の空気を優先して、行きたくない飲み会に参加することになってしまった…!という場面にも多く出くわします。

そんな時、少しでも気持ちを楽に、飲み会を乗り越えられる3つの方法をご紹介します。

行きたくない飲み会の乗り越え方

会社員の方ならきっと、行きたくない飲み会にも参加せざるを得ない状況に出くわすことも少なくないでしょう。

そんな時、どうしたら平和に飲み会を乗り切れるのか、わたしが実際に飲み会で実践した方法をお伝えします。

聞き上手に徹する

わたしは心を開いていない人に自分の話をするのが苦手です。それもあってか、飲み会の場が苦手なのかもしれません。そこで、先日の飲み会では、おしゃべりな人の話を聞く”聞き役”に徹してみることにしました。

飲み会の場は、温まってくるとよくしゃべる人が増殖します。そのため、HSPの一人や二人があまり話さなくても大丈夫どころか、共感しながら話を聞くことで相手にも喜んでもらえます。

この方法は一番おすすめしたい乗り切り方です。

相手の話を本当はよく聞いていなくても、「へえ~!そうなんですね!」とか「なるほど~!」と、いくつか相槌のパターンを持っておけば強いです。

ちなみにわたしは先日の飲み会でお酒は飲みませんでしたが、お酒を入れて雰囲気に吞まれることができるのであれば、それに越したことはないと思います。

「行く前は気が乗らなかったけど、行っちゃえば大丈夫」「お酒を一緒に呑んでしまえば楽しめる!」という方は、あまり気にせず、ぜひその場を楽しんで過ごしてみてくださいね♪

お手洗いに行く

その場にいることに疲れてきたら、思い切って席を立ってお手洗いに行ってみましょう。お酒が入ると多くの人はトイレが近くなるため、数回お手洗いに立っても不審がられることはないでしょう。

お手洗いに行って、一度静かな場所で休憩して、自分一人の時間を作ることはとても大事なことです。

女性ならメイクを直してみたり、実際にメイクを直さなくても、ポーチをもってお手洗いに立つと、多少時間がかかっていても、心配されることも少ないと思います。

男性は、冷たい水で顔を洗ってみるのも、気分転換になっていいかもしれませんね♪

また、帰りが遅いことを心配して待っていてくれる家族や恋人などがいる方は、このタイミングでスマホを持っていき、連絡を入れるといいでしょう。

食べる or 働きに徹する

先日わたしが参加した飲み会は、幸運なことに焼肉屋さんでした。そのため、焼くことに徹していれば、その場をやり過ごせる上に、みんなにもありがたがられます。

焼肉でない場合も、グラスや空いた皿を下げることに徹していれば、気が利くと思われる上に、その場をやり過ごせるかと思います(笑)

しかし、働くことに集中しすぎても、HSPさんは疲れてしまうと思うので、もちろん、食べることに徹していてもOKです。

遠慮せずにたくさん食べると意外にも、「かわいいやつだ」「もっと食べな」と案外周りも優しい目で見守ってくれるものです。

まとめ

いかがでしたか?今回は、先日の飲み会でわたしが実践して乗り切った方法をお伝えしました。

HSPの方は優しい反面断れなくて自分自身を追い込んでしまうことも多く、生きづらさを感じている方もいることでしょう。

行きたくない飲み会は断れればベストですが、なかなかそうもいきません。参加することになってしまった場合は、今回ご紹介した方法をぜひ実践して、「参加しているだけでえらい!」とご自身を褒めてあげてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました