HSPさんと上手く付き合うには?非HSPさんが取るべき行動

HSPについて

あなたの周りに「人の気持ちがよくわかる」「細かいところに気が付く」「傷つきやすいのかな」などと感じる人はいませんか?もしかしたらその人はHSP(エイチ・エス・ピー)かもしれません。今回は、そんなHSPさんとうまく付き合っていく方法や、取り扱い方をご紹介します。

HSPとは、生まれつき「非常に感受性が強く敏感な気質もった人」という意味で、「Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」の頭文字をとって「HSP(エイチ・エス・ピー)」と呼ばれています。

HSPは環境や性格などの後天的なものではなく、先天的な気質生まれ持った性質です。
統計的には人口の約15%~20%で、5人に1人があてはまると言われています。それほど稀ではありませんが、裏を返せば、約8割の人はこの性質にはあてはまらないため、HSPの特性は共感を得ることが難しく、HSPでない人たちとの差に自己嫌悪を感じることや、まわりに合わせようと無理をして生きづらさを感じやすくなる性質であると言えます。

HSPという気質を理解し受容する

HSPさんの中には、自分がHSPであるということを周りに悟られないよう必死に取り繕う方や、コンプレックスに感じている方も少なくありません。そのため、「わたしはHSPという気質を理解し、受け入れるよ」という姿勢の人が現れた場合、他の人より早く、深く、心を開いてくれるかもしれません。

HSPさんは、一度心を閉ざした相手には二度と心を開いてくれない、という場合が多いです。そのため、自分は理解者であることを少しずつ示していきましょう。ただし、察しのいいHSPさん。押しつけがましかったり、グイグイと近づこうとしては逆効果。あくまでも慎重に、ゆっくりで大丈夫ですので、心の距離を近づけましょう。

大きな声や音を出さないよう心掛ける

HSPさんは大きな声や音に敏感な方が多いです。HSPさんと話すときは、穏やかな口調を意識しましょう。

また、大きな音のする場所やガヤガヤと騒がしい場所も苦手な方が多いです。本当は苦手でも、相手への配慮を忘れないHSPさんは、言えずにニコニコと一緒に行ってくれる場合もあります。行かなくてもいい場所であれば、避けておくのが無難です。

さらに、声や周囲の音だけでなく、相手が無意識のうちに放つ音にも敏感です。例えば、ドアを閉める音や足音、ため息などです。HSPさんは、あなたがいつもより少し雑にドアを閉めただけで、「イライラしているのでは」と、敏感に感じ取ります。誰にでも、イライラしてドアを強めに閉めたり、足音が大きくなったり、ため息をついてしまったりすることはあるかと思います。しかし、HSPさんに少しでも配慮できる余裕があったら、その物音を減らしてあげてください。

そうすればHSPさんの笑顔も増えると思いますよ♪

言葉選びは慎重に

HSPさんは、自分の意志に反して、当たり前のように相手の感情を汲み取ります。そのため、「そんなに深く考えすぎないければいいのに」といった言葉はNGです。HSPさんに考えないでと言うことは、息をしないでと言っているのと同じことなのです。

また、普段からずっとエンジン全開の頭フル回転で生活しているHSPさんには、「頑張って」という言葉も時に重荷になってしまうことがあります。いつも頑張っているHSPさんですが、自分の頑張りには気づいていない方も多いため、「頑張って」ではなく、「頑張ってるね」と頑張りを認めて言葉にしてあげるといいでしょう。

まとめ

今回は、非HSPさんがHSPさんに対してとるべき行動をお伝えしました。もちろん、HSPと言っても個人差もあり、一概にこうしたらOKという攻略法はありません。そんな奥が深いHSPさんを理解し、上手に付き合っていくのは難しいと感じる方もいたかもしれません。

でも大丈夫。HSPさんはとてもやさしい心の持ち主が多く、あなたが「仲良くなりたい」とさえ思っていれば、きっとそれを感じ取ってくれることでしょう。

ゆっくりとHSPさんと心の距離を縮めて、HSPさんの一番の心の拠り所になってあげてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました